スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困った年寄り

会社が昨年買った土地の隣地の所有者が、境界のピンの位置がおかしいと文句を言ってきました。
ちなみに、ピンの位置は正確で、地積測量図通りですから、間違いはないのですが、昔、大阪府がこの辺りの用地を借りていた時に隣地の地主に渡した明け渡し図がちょっといい加減だったせいで、今、隣地の地主がこちらに文句を言ってきています。
なんせこの地主はお年寄りで頑固な変わり者らしく、地元でも何かと問題を起こす人とのことです。
某市の土地を買ったのですが、市の担当もきちんと調査士に境界を確認して測量しており、また一度は筆界確認書にも捺印しており、手続でも問題はないのですが、後で昔の書類が出てきたと話をややこしくしてきたのです。

とにかく、地元でも有名な偏屈者のようで、余計な仕事に巻き込まれたもんだと苦慮しています。
スポンサーサイト

在日外国人の物件

今、不動産の取りまとめをしようと思ってる物件があるのですが、所有者が外国人の人なのです。
たくさんの相続人の共有になっており、住所が外国になっている所有者も居て、なかなか一筋縄でいかない物件です。
普通に所有者にアプローチするだけではつながらないので、ここは弁護士を入れて所有者に当たろうと思っています。
土地と建物とで所有者が違うので、どう言うやり方で地上げすべきか先日弁護士と相談して、2パターンのやり方を考えてます。
ちなみに弁護士も在日外国人の人に頼んでいます。その国の考え方を理解してくれてる方が良いですからね。

頼りない測量士

先日、会社の土地の境界立会いをして一週間ほどしてから、測量士から連絡がありました。

要件は、立会いしたポイントが少しズレると言うものでした。

前にポイントを出してから新たな既存杭が見つかり、それを元に再度測量すると8ミリ程位置が変わるということでした。

こちらの不手際でと謝罪していましたが、これは事前の調査不足だったのだと思います。
新たな既存杭が見つかったと言っていますが、別に埋れてた訳でもありませんから、きちんと確認すれば分かる杭でしたからね。

なんだか頼りない測量士です。

弁護士との打ち合わせ

本日は土地の取りまとめの件で、弁護士との面談していました。
土地には長けた弁護士なので、ややこしい問題はすごくテキパキと対応してくれます。
ただ、こちらが物件の説明を終える前から話に割り込んでくるので、それはもう慌ただしいことこの上ありません。
こちらの話が終わってから話しなはれと言いたくなるのですが、さすがにそれは言えません。

「一体何がしたいんだ?」と言ってくるので、

「先生、ちょっと先走りしすぎですわ。本題を今から言いますので。」となるわけです。


最初は取っ付きにくい人だったのですが、今日ぐらいから逆に相談しやすい人だなと思うようになってきました。
何にでも返事と対応が早く、ウダウダ理屈を言わないのでやりやすいのです。

「先生、今後この件で対応していただいた分には経費をちゃんと負担しますので。」と言うと早速、

「そうか、じゃあ顧問契約で頼むわ。」と、事務員を読んで直ぐに顧問契約書を作成して持ってきました。

「お金は明日にでも振り込んでくれたらいいから。」と言うのですが、明日ってえらい急やなと思い、

「先生、取り敢えずうちの社長に話してから振り込むのでまた支払日は連絡します。」と言って帰ってきました。


社長に事情を説明すると、「そうか、ええよ、明日にでも振り込むわ。」の一言で済みました。

「月5万やろ、それぐらいええよ。」って社長が言うので、

「いやいや、月5万ですが、支払いは1年分一括ですよ。」ということで社長はどう言うか気になりましたが、

「そうか、それなら明日にでも振り込むわ。」と言うことで一件落着しました。

上手く顧問契約を取って行きはったなと、その弁護士の営業力にも少しばかり感心しました。

テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

いよいよ12月ですが

今週で11月もラストの週になりました。猛暑だ40度超えだとか言ってた夏も何だか知らない間に過ぎ去ってしまいました。
12月は年の瀬で仕事も大した動きはないはずですが、私には二つこなしておかなくてはならない仕事があります。

先ずは、特別審査会を無事終える事です。大規模農地の転用があるので、農地転用の前に審査があるのです。これを何とかクリアしないと話になりません。結構プレッシャーを感じています。また、審査会が通れば農地転用の本申請があります。これは今年中に手続を終えなくてはなりません。

次に、借地契約の覚書を地主さんと締結します。地主さんは2人だけなのですが、覚書以外にいろんな書面があって結構複雑です。とにかく書面だけはきちんとしないと、今回の契約は複雑で、協力金方式で立替払いがあり、予約契約と本契約が別で、抵当権と賃借権の設定がある、ややこしいものです。

自画自賛になりますが、これって私がいなきゃうちの社長では出来ない契約だったと思いますね。

まっ、とにかく12月は問題なく終えたいものです。
profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。