スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町会費

昨年夏に契約した店舗のある自治会から町会費の負担をお願いする文書が来ました。
以前、店舗の改装工事中に地元から要望されており、会長や役員とも直接話して負担することは了解していたので支払うことには問題はないですが、どうもこう言う負担と言うのは使い道がどうなったのか気になります。
個人的に思うのは、通学児堂の安全対策や地元の保安に使うならともかく、地元の祭りや老人会への補助に使うのは使途がおかしいのではないのかと思うのです。
今回の地元はがめついとか厚かましいとかそんな自治会ではなく、至って大人しい自治会なので払うのも仕方ないかなと思ってしまいますが、中には当然の権利のように払うのが当たり前だろ的な自治会もあったりして、金集めだけの目的のように言ってくる自治会もあるのです。
そして、高級住宅地だから大人しいとは限らず、高級住宅地だから住んでる人間も権利ばかり主張して、わがままを言ってくることが多いこともよくあるのです。
所得が高そうな自治会だから住んでる人も温厚で上品だろうなんて思ったら大間違いです。
こう言う地域の人は外から入ってくるモノに妙に敏感で、先住の権利みたいなモノを主張してきがちです。
地元と仲良く共存するのは当たり前としても、強引に権利を主張し、更には金よこせとは呆れた自治会もあったりするのです。
スポンサーサイト

開発協議は

被災地救援

東北の大震災の救援が未だ来ないとか、物資が足りないとかいろんな情報が報道されています。
一方、被災地以外の方々が救援物資を提供としてもその術がなくどうしたらいいのか解らないと言う状況が続いています。

阪神大震災を経験した上で言うなら、まずは被災地につながる交通網=道路が仮整備されることが肝心です。
当然行方不明被災者の捜索やけが人の搬送など至急すべきことがある一方、救援の人や物資が安定的に届けられる道路の整備が急がれます。
阪神大震災と違って2,3時間歩けば到着するような距離ではないですから、一般人は車でしか移動できません。そのためには塞がった道路を如何に通過できる状態に回復するか、これによって物資の輸送や人の往来が可能になります。

被災地域のために何かしたい、でも何が出来るか解らない、被災者の本当の要望はどんなことなのかはっきり解らない等、みなさんそう感じて居られる方も多いのではないでしょうか。

いつもこういう災害になった時同じ問題が起きます。
早く救助の手の入った所とまだ手付かずの所ではもう状況が全く違ってきます。
救援の手が入った避難所では食料も十分足り、暖かいお湯も準備できますが、少し離れた手付かずの場所では水さえも届かず避難者が生死を彷徨うような状況になっているのです。
現場で救助に当っている方々も精一杯頑張っても自分たちが1日にできる事の限界に苦慮しているかもしれません。大災害はいつもこういったジレンマを感じさせますね。

私も阪神大震災の時は泊り込みで被災現場に待機していましたが、あの時の被害状況と今回は明らかに違うことに気づきます。今回は地震と津波で広大な範囲を徹底的に潰していったと痛感します。
阪神大震災の何倍も救援活動には苦労があるでしょう。
とにかく早く手付かずの被災現場に救援の手が入り、1人でも多くの人が助かり、温かい食べ物を早く摂ることが出来るよう祈っています。

教訓

今回の大震災、津波被災に遭われた方々、並びにご家族の方々に心よりお見舞いを申し上げます。
また、救済活動に尽力されてます、警察、消防、自衛隊、各国救援隊、役所の方々に対し、是非1人でも多く救済ないしは不明者の捜索をお願いいたしたく、心よりお願い申し上げます。

今回の震災、津波災害では全国民が学ぶべきことがたくさんあります。
危機管理、津波の怖さ、津波災害への対応、原発の安全管理等、地震国日本では本来あってしかるべき手法が、あまり機能しなかったのです。
今回の災害は東北地方から関東地方の住民だけの問題ではありません。いつ何時同じような地震がどこで起きるか解らないのが日本です。
その点で、今回学ぶべき事、準備すべき事、整えるべき体制、見直すべき基準等、学ぶべき教訓がいろいろ見つかったのではないでしょうか。

今回の被災者の犠牲を無駄にすることなく、後世にこの経験を活かしていかなければなりません。

テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

明けましておめでとうございます。

nenga

昨年はたくさんの方々にブログを見ていただき有難うございました。

本年も懲りずに継続してまいりますので、是非とも昨年同様よろしくお願い申し上げます。

また、仕事の方も、今年はかなり厳しい年になるかと思いますが、気を引き締め業務に邁進してまいりますので、何卒ご贔屓にお願い申し上げます。


リボーン リアルエステート 代表  新田 浩司

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。